FM音源を自習する1・概要など

はじめに

この記事はFM音源について解説していく記事…ではなく、

私がFM音源について勉強したことを記録代わりにメモっていくものです。

間違って理解していることなど多々あるかと思いますので、

訂正などありましたら教えていただけると幸いです。

 

FM音源とは?

ゲームで遊んでいる方なら一度は聴いたことがあるかと思います、FM音源

Frequency Modulation(周波数変調)を使用した音声合成音源のことです。

 

これはチップチューンファミコンの音源。

パルス波2ch三角波1ch、ノイズ1chの4音構成です。

大抵は1音を効果音に使用しているので、曲自体は3音なのが多いのではないでしょうか。

www.youtube.comシティコネクションなのは趣味です。

 

これはMIDI音源。XPあたりまでのWindowsで全盛期だった印象です。

それぞれの楽器の音色をサウンドフォントファイルとして持っており、

MIDIは楽譜データとして楽器に発音する指示をします。という認識です。

www.youtube.com某ツクール界隈では現役です。私もまだまだ使っています。

 

で、FM音源です。

www.youtube.com

 

こう、ファミコンMIDIと違う、独特の響きがあるように思います。

金属感?透明感?せつなさみだれうち?イメージは人それぞれかと思いますが。

メガドライブFM音源を搭載していたので、メガドラゲーで聴いた人も多いかも。

 

そんなFM音源?どういうものなの?と言うと、丸投げします。

www.nicovideo.jp

ざっくりいうと「正弦波をめっちゃモジュレーション(揺らす)して音を変える」のがFM音源です。

 

FM音源にはアルゴリズムというものがあります。

f:id:iican:20210222112542p:plain

上記はKORG Volca FMというガジェットシンセに付属する一覧。

よく「4オペ」とか「6オペ」とか言葉を聞いたことがありません?

こういう四角が並んだ図を見たことありません?DX7の筐体にも描いてあるやつ。

上の画像でいう緑四角が「キャリア」、青四角がモジュレータ」です。

「キャリア」の波形をモジュレータ」が揺らして(くすぐるとか言い方もする?)

上から下に流れて、最終的に発音されます。

揺らし方の組み合わせでいろんな音に変わるわけなんですね。

この四角が6個使えるので、VolcaFMは6オペレータです。

 

www.youtube.com

それでこんな音が出てくるからすごいものですよね。DX7のエレピは最高です。

 

そんなFM音源の性質上、どうしても若干の得手不得手が出てきてしまい、

例えばアコースティックなピアノの音なんかは苦手みたいです。

金属寄りの音、エレピやギターなんかは得意らしい。

www.youtube.com

以上が第一回目の自習時間でした。

FM音源の概要についてざっくり書きました。

繰り返しになりますが、私の理解の出力のため、多分どこか間違ってます。

お詳しい諸先輩がたの指摘、訂正がありましたら頂けると嬉しいです。

 

第二回はこれを書いてる時点で理解していない、

「OPLだのOPNだのって何?」について書く予定です。

 

参考文献

www.digimart.net